引っ越しました


 今まで立ち寄っていただいたり,コメントをいただいたり,大変ありがとうございました。使い勝手の問題などで,この度以下のサイトに引越しましたのでお知らせいたします。ぜひ今までどおり気軽にお立ち寄りいただき,コメントやTBなどよろしくお願い申し上げます。
http://blog.livedoor.jp/konton_1937/
 
なお,4/7に投稿しました「本当の失業対策」のPart-2は,この新しいサイトでごらんください。2,3日中にPart-1の再録から始めさせていただきます。
[PR]
# by ja28tt | 2005-04-11 22:17

本当の失業対策

Part-1:スウェーデンの失業対策

 昨年のNHKスペッシャルを見ながら考えたことを書いてみました。1年後の今でも十分役に立つ情報だと思います。

放送ではまず各国の失業率を紹介し,それぞれの始業の実体の差などが紹介され,その後に失業対策についての現状が紹介されていました。そのスウェーデンの例を見ての私の第一印象は,「政治というのはこう有るべきもので,政府への国民の信頼がまず有って,対策への具体策を公開し,国民の理解と全的な協力を得なければ成功しない」ということでした。

OECD(経済協力開発機構)に所属している国のうちの27カ国の失業対策費をGDP比で見てみると、アメリカや日本は低い方です。高いのはヨーロッパ諸国です。その中でも特に高いのがスウェーデン。投じている予算は日本の5倍以上。失業者の再教育に力を入れ、「失業率ゼロ」を国の目標に掲げています。具体策は次のようなものです。

1) 失業者の一人一人が個室に招かれ、担当者がマンツーマンで相談にのっているといった徹底した支援。
2) 個人の再教育(レベルアップ)を前面支援。授業料と交通費を支給。
3) 長期失業者への心理的な手当ても充実している。

スウェーデンでも1990年代の初めに土地バブルの崩壊により、失業率が急激に上がり、10%に達しました。1997年、国民は失業者の再教育に予算を集中することに合意、それによって失業率は急減し、2001年には5%にまで下がったのです。これに当てられた予算の財源は、高額所得者への増税と、年金の一部減額でした。

当時のヨーラン・ペーション首相は,「国民一人一人が働かなければ、経済は発展しません。経済が発展しなければ、手厚い社会保障は実現できません。また、失業は人間の尊厳を損ないます。一旦失業してしまうと、社会から孤立し、周りから信頼をえることも難しくなります。自信を失い、家に居続けて、気持ちが沈み、中には病気になる人もいるでしょう。失業によってひとは自分は駄目な人間だと考えるようになってしまうのです。仕事は、人間が尊厳を持って生きるためにどうしても必要なものなのです。失業は一人一人の能力を損ない、同時に国の力を損なうのです。」と言って国民の理解と協力を求めたのでした。

Part-2につづきます。
[PR]
# by ja28tt | 2005-04-07 15:36 | 今日考えたこと

「永遠の愛」と「アニッチャ(無常)」

長い人生のなかには,どんなに努力しても,最善を尽くしてみてもうまく行かないことが有りますね。そんな時皆さんはどんなふうに考えたり,その場をしのいだりしているのでしょうか。「なんて私は不運なんだろう」と嘆きながら酒を飲んだり,TVを見たり,友達と馬鹿騒ぎをしたり,まあとにかく何らかの方法でその場を凌ぐことになるのではないでしょうか。

しかし、私たちの人生には決して無駄なものは無い、という真理を体得していたら、「これも何かの信号だろう。体験するべきことを体験するべきときにしているのであって、けっして無駄なことではない、ましてや嘆き悲しむようなことではない」と納得することができるはずです。全てのものは「アニッチャ」(無常、変化しないということは無い,という意味――パーリ語,南伝仏教の仏典に使われている言葉)で、今の苦しみや不運も一時的に経験するべきものです。

一方,私は今年の1月16日から20日にかけて[セックスと本当の愛]についてお話しました。これとこの「アニッチャ」について若い友人から次のような鋭い質問を受けました:「アニッチャが真理であろうことは推測できるけれど、あなたのように本当の愛(無償の愛)を持ったらそれは永遠のものであってアニッチャではないことにならないのですか?」

世の中ではよく「永遠の愛」などというけれど、愛だって永遠なものではありえません。愛は常に育てるものであって、常に変化しているものなのです。なにか自分の外側に有って、それを獲得したら永遠に自分のものになる、といったものではありません。愛は自分で育て、育て続けるものなのです。ちょうど植物が、常に水を与えていないと直ちに枯れて死んでしまうように、愛も育て続けなければならないものなのです。人間の心というものはこの世でもっとも不安定なもので、それこそアニッチャの代表選手みたいなものです。この説明を聞いてその若い人は「そうなんだ。愛もアニッチャの例外では有り得ないんだ。納得したわ」と言ってくれました。
[PR]
# by ja28tt | 2005-03-30 10:46 | 究極の愛

再び「少子化って本当に問題なの?」

1/21の私のblogで「少子化って本当に問題なの?」と題して私の考えを明らかにしました。最近入手したL. Brownの“Eco-Economy”を読んでいて,その第10章「地球規模の家族計画で人口を安定化する」に,私の考えを補強してくれる内容を発見しました。以下,「 」内は日本語版「エコ・エコノミー」からの引用,[ ]は私の補足です。

「1950年以来,世界人口は2倍に増加した」(P-272)。何でもないことのようですが,これは人類が発生してから1950年前までに,数百万年かけて到達していた人類の総数と同じ数の人間が,たった50年で新たに増加したということです。これは地球という自然にとっては容易ならざることではないでしょうか。

「人口学者は,近代化とともに人口増加率が長期的にどう変化するかを示すのに,三段階モデルを用いる。第1段階では,出生率と死亡率がどちらも高く,従って人口はほとんど,あるいはまったく増加しない。第2段階では,出生率は依然高いが死亡率が低下し,人口が急増する。第3段階では,出生率が低水準に下がって,低い死亡率と均衡し,再び人口が安定化する――。(中略)今日,第1段階にとどまっている国はない。すべての国が第2または第3段階にある。しかし,いくつかの国は,予測されたように第3段階に向って着実に発展するのでなく,死亡率の歴史的な低下が反転したために[HIVや飢餓による]第1段階に向けて逆行し始めている。(中略)多くのアフリカ諸国が後退の兆候を示している。」(P-274)

私がBlogで主張したのは,日本がこの第3段階を早く実現するべき責任があるということです。さらに発展途上国における当分の間の人口増加を考慮に入れれば,人口の安定ではなく,さらに人口減少を維持するべき国際的責任があるということです。

第2段階から第1段階への逆行はまさに人類としての退化です。人道的観点からもこれは絶対に避けなければならないことです。人類の叡智を集めて解決するべき緊急事ではないでしょうか。「現在,死亡率をすでに押し上げているか,またはそのおそれのある三つの明白な脅威が存在する。それはHIVの蔓延,地下帯水層の枯渇[食料不足→餓死],そして土地不足(一人当たり耕地面積の縮小)である。」(P-276) なんとかしてこれらの問題を抱える国々を,第2段階から第3段階へと持ち上げなければ人類の将来は無いでしょう。

この最後の段落の部分は,私のBlogでは日本の少子化の問題に焦点を合わせていたために触れなかったことです。世界の動きとして緊急かつ重要な問題です。L. Brownに感謝します。

レスター・ブラウン...
[PR]
# by ja28tt | 2005-03-28 15:58 | 少子化

もっと自由時間を!

日本人ってどうしてこうきり無く働くのでしょうか。人生には,自分の時間、立ち止まって考える時間がとても大切だと思うのですが・・・。

ひとは一瞬一瞬外部からいろいろな情報を取り入れます。普段の忙しい時間には、一部はその場で情報処理して行動に移していく。しかし、大半の情報は処理されること無くメモリーされます。

未処理の情報はいずれ再処理されなければなりません。情報を咀嚼し、再編成する時間が必要になるわけです。これ無しで未処理のまま蓄えていくと、そのこと自体がストレスの原因となります。現代人はほとんどのひとが未処理の情報によるストレスを抱え込んでしまっているのではないでしょうか。

体験も一種の情報です。体験と新しく獲得した知識(外部からの一般情報もここに含まれる)を、整理された過去の情報とつき合わせながら新しい情報の処理を行うことによって、新しい組み合わせができたり、それからの連想で全く新しい理解が生まれてきたりします。これが「創造」です。そのひと独自の考え、すなわち個性というのはこうして作られていきます。こうした情報処理を行わないでできあがるものは個性でも創造でもなく、雑多な情報を詰め込んだ「ずだ袋」に過ぎません。今の世の中には,一見人間にみえるずだ袋のなんと多いことか・・・。

ここで「瞑想」とは何かを考えてみましょう。上に書いたことは、外部情報の処理にかかわる問題でしたが、自分の内部にも情報は沢山蓄積されています。その記憶装置が「無意識」です。ここにはかつて整理(処理)された膨大な情報が無限に保存されていますが、中には未処理のもの、あるいは中途半端な処理のまま蓄えられているものも沢山あります。特に「嫌なこと」はばっちりと蓋をして放置されています(「臭いものには蓋」です)。これがまたストレスの原因になっていると考えられます。瞑想というのは、外部からの情報ではなく、こうしてほとんど無限に蓄えられている情報の再処理をすることと言えるのではないでしょうか。この再処理によって,改めて自分でその情報の意味や価値を「納得」し,その結果としての「気付き」を得たりします。これによってストレスから開放されるのです。このように「瞑想」はとても大切で,ストレス解消にはとても有効です。(瞑想の仕方には,先人が開発してくれた沢山の方法があります。これらについては別の機会にお話するつもりです。)

心理学の世界では,普通は,意識vs無意識として単純に取り扱われますが,無意識は実は多層構造になっていて、その一番深いところでは「宇宙意識」にまで繋がっていることが分かってきています(ユング心理学と仏教の唯識論)。これについても別の機会にお話するつもりです。どうぞお楽しみに。
[PR]
# by ja28tt | 2005-03-26 12:16 | 今日考えたこと

Eco-economy,Lester Brownへの筑紫哲也のインタビュー

Part-2:地球破壊は秒読みに入っている

著書「PLAN-B」で博士は、地球環境が許容できる範囲での経済システムを提唱した。14カ国語に翻訳されている。Eco-Economyという言葉を使って次のように主張する。―――「経済と環境の関係を変えていかなければならない。ほとんどの事業家やエコノミストは、経済こそが地球を支える根本のシステムであり、環境というのはその一部でしかないと考えている。逆に、私[博士]のような自然科学を研究する立場の者は、環境こそが土台にあって、経済と言うのは環境に属する一部分でしかないと考えている。もし私達科学者が正しくて、経済が環境の一部でしか無いならば、経済システムは大元の環境に適応するようなシステムを採用しなければならないと思うのです。」

先のサミットでは、環境についてはなんら触れられなかった。テロリズムに注意を向ける余り環境への配慮を忘れていると、それは政情の不安を招き西洋文明の崩壊を目指すビン・ラディンとその仲間たちは,思いもしない方法でその目的を果たすことになる。環境破壊→食料難→テロの温床となる貧困を生み出す→テロの土壌を作ってしまう。貧困をなくすことこそテロと戦うことになる。

この後博士はいくつかの環境破壊の現状を紹介して,その意味を説明している。そして次のように予測する;「ここ2~3年のうちに世界規模での食料の値上がりが始まると予想される。それが「成長の限界」の始まりであり、地球破壊への秒読み開始であるでしょう。」

 以上が番組の概要です。Part-1でも紹介しました博士のアースポリシー研究所の今後の活動は注目に値すると思います。この番組後から現在までの活動について,私の興味に従って随時ご紹介していきたいと考えています。強い興味をお持ちのかたは,同研究所のホームページをご覧になることをお勧めします;http://www.earth-policy.org
[PR]
# by ja28tt | 2005-03-24 16:20 | 今日考えたこと

Eco-economy,Lester Brownへの筑紫哲也のインタビュー

Part-1:PLAN-AとPLAN-B

 今日は表題のTV番組の私風の要約を書いてみます。[ ]内は私のコメントや注釈などです。

L. Brownはアメリカ農務省の経験を経て、環境団体「ワールドウォッチ」を創設。著書に「成長の限界」がる。[2001年には新たにアースポリシー研究所を創設]

現代では,干ばつ、洪水、豪雪、豪雨、熱波、など我々は危機的な状況にある。

博士は、ひたすら成長を求める現在の経済の有り様をPLAN-Aと呼ぶ。人間の経済活動が自然という元手から利息だけで食べている時代ならまだしも、いまや人類はその元本に手を付けてしまっている、と言う。その代案として博士はPLAN-Bを提唱する。

博士は言う:自然界のシステムというのは、経済用語で言えば資産の運用です。たとえば、海洋漁業というのは魚を取り過ぎない限り半永久的に続けられる。しかし、最近では世界の7割の漁業が魚が繁殖するスピードよりも早いペースで魚を取ってしまっている。その結果、多くの漁業の規模は縮小もしくは廃業してしまった。我々の生活は自然の許容範囲を超えてしまったのです。―――[ここで私は1986年頃に地中海に浮かぶ小さなギリシャの島でバケーションと楽しんだときのことを思い出しました。紺青とでも言えばよいのでしょうか、紫に近い真っ青な色の海、そこに転々と浮かぶ真っ白な島々と家々、平和そのものでさぞかし漁業が盛んで豊かな村々があることだろうと想像したが、どの島を訪れてもお年寄りと小さな子供ばかりで全く活気が無い。何故だろうとできるだけ村の人々に話を聞いてみました。たまに英語かフランス語が通じた。それによると、確かに以前は漁業が盛んで村人たちはそれを誇りとし、ある程度豊かな生活をエンジョイしていた。しかしいつの頃からか魚とりにダイナマイトを使うようになった。俄然漁獲量は増加し、豊かさも増したが、瞬く間に魚は居なくなってしまった。今では働き手は本土へ出稼ぎにいくより食いつなぐ方法はなくなってしまった。みると男のお年寄りの手の指が満足にそろっている人は一人も居なかった。ダイナマイトの取り扱いの失敗で吹っ飛んでしまったとのことだった。]

Part-2につづきます。
[PR]
# by ja28tt | 2005-03-22 12:06 | 今日考えたこと

オリジナリティと思考

数日旅に出ていたためにブログへの投稿を休んでおりました。列車などの乗り物の中は私にとっての思考のための絶好の場になります。しかし今回は一人での移動ではなかったために,その機会はごく限られたものとなりました。という言い訳を申し上げたところで,今日の軽い話題を―――。

オリジナルなアイディアというのは、なにを以ってオリジナルと言えるのでしょうか?

自分でオリジナルだと思っても,どこかで聞いたり読んだりしたことかもしれません。このように記憶が定かでないためにオリジナルだと思い込むこともあるでしょう。特に歳をとるに従って,その可能性はどんどん高くなっています。私も日頃自分に言いかせていなければならない歳になりました。

ひとが何かを考えるという作業は、今まで蓄えた雑多な知識や経験の一部を記憶から取り出してきて組み合わせる、という作業に他ならないのではないでしょうか。即ち膨大な記憶の中から一部を選択(どの記憶を材料として使うのかを選択)して取り出し、それらを統合する,という一連の作業が思考或いは創造のプロセスなのでしょう。もちろん材料として使われる記憶は全てオリジナルではありません。それらを独自に組み合わせて新しいアイディアを作り上げることにオリジナリティ(=創造性)がありえるのではないでしょうか。
[PR]
# by ja28tt | 2005-03-20 16:38 | 今日考えたこと

国家とはそもそもどういうものなの?

Part-5:ローカライゼイションと教育

 今日は第二の方向,政治の地方化について考えてみましょう。

ローカル・コミュニティが基本単位として大切なことは,ひとが人間的なコミュニケーションを維持できる人数はごく限られている、という事実から納得できます。私ごとで恐縮ですが,ある企業で新工場の立ち上げを担当したときに私が採用した組織の運営で、それが真実であることが証明されました。すなわち,組織の最小単位として6~8人のグループを作り,それを作業単位としたのです。その最小単位から一人を選出し,その選出された人達6~8人でまた上位の組織をつくる。こうして次々に上位組織をつくりピラミッド状のネットワークを作ったのです。これによってトップからボトムの方向だけでなく,ボトムからトップへの意志の疎通がほぼ完全に確保されました。全員の意欲(発案や自主管理)は相当なものでした。

ここに政治と経済の地方化の意味があり、ローカルユニットのサイズを決める基準があります。また、国境を無くすこととあいまって,地理的な移動の自由(住む場所の選択の自由)が保障され、住み易い場所を作る競争が許される。税金も好きなところに納める。これこそが真のデモクラットなコミュニティではないでしょうか。

最後にぜひ付け加えておきたいのが教育の問題です。こうした新しい組織が成り立つためには,いまよりも遥に教育が重要なものとなります。その教育では,従来の知育(歴史,国語,数学,理科,芸術を知らないのでは,何も自分で考えることも実行することもできません)に加えて,個人の「知恵」を育むことが第一の目標におかれるべきです。東洋的な知恵ともいうべき「慈悲」の心(おもいやり)を育て、各人の悟り(自分の存在の真理を納得)が卒業目標となるようなものであるべきではないでしょうか(と言っても宗教とは全く関わりありません。新しい国連憲章でいうスピリチュアルな領域です)。世界の真の平和を実現し維持するためにはこれ以外の選択はないのではないでしょうか。

 長い間お付き合いくださり,ありがとうございました。フランクなご意見お待ちしています。
[PR]
# by ja28tt | 2005-03-15 16:45 | 国家と平和

国家とはそもそもどういうものなの?

Part-4:国境を無くして世界をどうするか

 Part-3までで組織が大きくなると独立した「意志」を持つようになり,もはや組織の構成員のコントロールは効かなくなり,勝手に動き回るようになる。これが「国家」の場合,国家のエゴとなることをお話してきました。

非人間化した組織の弊害を取り除くためは,二つの方向を同時に進める必要があります。一つは,国家のエゴは国家という組織が在るから生じるのですから,その国家を無くしてしまえばよいわけです。すなわち国境を取り払うことです。二つには,逆に現在の全ての活動をミクロな活動単位に分解して,コミュニケーションが維持できる(人間性を維持できる,組織の意志を生じさせない)組織をつくることです。政治の完全な地方化というかコミュニティ化です。

第一の国境を無くすこと。実はこの点については大きな実験がすでに進行中です。そう,EUです。 EU内の国境は事実上なくなっています。当然のことながら、その動きは経済面が優先していますが、やがてEUの憲法ができ、それが国際法の雛形になるか、それに緊密にリンクするところまで行けば完成といえるのではないでしょうか。もちろん、この最終段階に来ても、文化的な国境というか、文化圏的な境は残るべきでしょう。言葉とか、いわゆる伝統文化、風土的・民族的な特徴などはむしろ強調され、保護されていくべきだと思います。特に言葉と文化は切り離せないものだという認識は大切でしょう。

次の段階は、EU的なものをアジア圏にもつくり、さらには南アメリカ、アフリカ圏にも作ることです。多分アメリカ合衆国は最後まで取り残されることになるでしょう。現在ようにユニラテラリズムをかざして世界を自分の思うとおりにしようとする国民意識が変わらない限り,国境を無くす動きは生じてこないでしょう。オーストラリアも現在のように大国(アメリカとイギリス)にただフォローするようでは,アジア圏として加われるかどうか疑問です。カナダはどうするでしょうか?ちょっと予測が難しいところですね。まあ、とにかくアメリカを、それに劣らない規模の経済圏を作ることによって包囲し、現在のアメリカのunilateral 戦略を無効にすることができよう。中近東の問題はEUとアフリカ圏とアジア圏で包囲することで徐々に解決していくことになるでしょう。(元)共産圏の国々、ロシアと中国と北朝鮮はどうするでしょうか。当分は彼ら自身の選択に任せることにしましょう。

平和な世界は、巨大組織のコントロールを排除して(国家の場合は国境を無くして)総ての個人が自分の意志で行動できるようにすることによって実現できます。そのためには最低限の生活(食料と住居)が保障され、思想と移動の自由が保障されることではないでしょうか。これ以外のことは個人の裁量に任されるべきで,国家などの組織が手を出すのは余分なことです。この国境無しの世界の中では、世界をよりよくするための個人レベルの努力が期待され,評価されます。この個人レベルでの努力が各個人の人生の目標となることでしょう。

Part-5につづきます。
[PR]
# by ja28tt | 2005-03-13 10:48 | 国家と平和